プラグイン の記事一覧

【RPGツクールMZ】曲名表示プラグイン

2020年9月16日 プラグイン

LL_TrackNameWindow.js

アドベンチャーゲームなどでよくある、BGM切替時に曲名を表示する演出を実装します。

更新履歴

2022/1/10
オプションで曲名表示のオン・オフを切り替えるオプションを追加しました。 (v1.1.0)
2020/9/8
プラグインを公開しました。

使い方

1. 曲名リストを作成する

プラグイン設定画面を開き、プラグインパラメータから「曲名リスト」を選択します。
ここで表示する曲名のリストを作成することができます。

2. BGM切替時、曲名が自動表示されます

BGMが切り替わったタイミングで、曲名が自動表示されます。

【RPGツクールMZ・MV】今すぐ装備プラグイン

2021年1月21日 プラグイン

LL_EquipQuickChange.js

「今すぐ装備」コマンドを実装します。
装備品入手時やショップ購入時にあわせて、装備切替画面を表示することができます。

更新履歴

2021/11/25
ショップで装備品を複数購入した場合に装備画面を回数分表示できるオプションを追加しました。 (v1.1.0)
2021/7/8
MZのみ。スクロール外の装備品を購入した際の挙動を改善しました。 (v1.0.2)
2021/6/11
RPGツクールMVに対応しました。
2021/4/27
「装備固定」のステートが有効の時に装備を変更できないよう修正しました。 (v1.0.1)
2021/1/21
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

1. プラグインコマンドを実行する


プラグインコマンドを実行すると、「装備切替画面」が表示されます。
装備対象の武器・防具を選択し、誰に装備させるか選択する画面を表示します。
(アクター一覧の右側に、現在装備している武器・防具が表示されます。装備できないアクターは選択不可となります)
対象の装備品を所持していない場合、プラグインコマンドは無視されます。

2. 装備品入手時にそのまま装備するか確認する


上記のようにアイテム入手イベントの後にプラグインコマンドを実行することで、装備切替画面を表示できます。

3. ショップで装備品購入時にそのまま装備するか確認する


プラグインのオプションで、ショップ購入時に連動して装備切替画面を表示することもできます。
有効にすると装備品を購入した後に装備切替画面が自動表示されます。
(特にイベントコマンドの設定は必要ありません)
装備選択後はショップ購入画面に戻ります。
購入時に選択していたカーソル位置もそのまま保持されます。

【RPGツクールMZ】ゲージカスタマイズプラグイン

2020年9月19日 プラグイン

LL_ExGaugeDrawing.js

ゲージ描画を拡張します。
・ゲージ枠、立体感を付ける
・ゲージ色をプラグインパラメータで変更
・ゲージ高さを変更
・残り少なくなったら赤く点滅させる
・HP・MPの最大値を表示
・ゲージなしにして数値のみにすることも可能

更新履歴

2021/9/24
コアスクリプトv1.3.3に対応。ゲージを非表示にするオプションを追加しました。 (v1.1.0)
2020/9/23
ゲージ点滅時に回復した時に、赤みが残ってしまう場合がある不具合を修正しました。 (v1.0.1)
2020/9/20
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

基本的にはプラグインを導入するだけでゲージ描画が変更されます。
描画用の画像素材などは不要です。

1. ゲージの色を変更する

ツクールMZのゲージ描画は、左から右にかけて2色のグラデーションで描画されます。
色1が左側始点、色2が右側終点となります。

2. アラート機能について

残量が残り少なくなった場合、ゲージの色が赤色に自動的に変化します。
初期では1/4以下になったタイミングで変わりますが、しきい値を変更したい場合(無効にしたい場合)はプラグインパラメータを変更してください。 (各ゲージ毎に設定可)
あわせて点滅させるかどうか(常時点滅、戦闘中のみ点滅、点滅させない)についても、同様に設定可能です。

3. おまけ


上記のような、レトロ風のゲージにすることも可能です。
【設定例】
ゲージに立体感を付ける: OFF
ゲージの背景色: #ff0000
HPゲージ:
ゲージの色1とゲージの色2とゲージ赤の色1とゲージ赤の色2: #ffff00
MPゲージ:
ゲージの色1とゲージの色2とゲージ赤の色1とゲージ赤の色2: #00ffff
TPゲージ:
ゲージの色1とゲージの色2とゲージ赤の色1とゲージ赤の色2: #00ff00

【RPGツクールMZ・RPGツクールMV】メッセージ幅調整プラグイン

2020年10月19日 プラグイン

LL_MessageWindowAdjust.js

メッセージウィンドウの幅を調整します。
顔グラフィックが無しの時でも、顔グラフィック有りの時とメッセージ幅を統一します。

更新履歴

2021/9/2
設定オプションをいくつか追加しました。 (v1.1.0)
2020/10/18
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

基本的にプラグインを導入するだけでメッセージウィンドウの幅が自動で調整されます。
プラグインパラメータで戦闘中のメッセージウィンドウにも有効化させたり、特定のウィンドウ背景時のみ有効化させることもできます。

【RPGツクールMZ・MV】ノベルゲーム風改行カーソルプラグイン

2021年7月5日 プラグイン

LL_GalgePauseSign.js

ノベルゲーム風の改行カーソルを表示します。
アニメーション毎にフレーム画像を用意する必要はありません。カーソル用のアイコン画像1枚でOKです。
ゲームに合わせて表示位置、カーソルアニメーションを指定することが可能です。

更新履歴

2021/8/15
60Hz以上の高リフレッシュレートで動作させたときにアニメーション速度が一定になるよう調整しました。 (v1.0.2)
2021/7/7
テキスト末尾設定時に、戦闘終了メッセージで位置がズレる場合がある不具合を修正しました。 (v1.0.1)
2021/7/5
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方


プラグインパラメータでカーソル用のアイコン画像と表示位置、アニメーションを設定してください。
(アイコン画像は、24px~36pxの正方形サイズを推奨します)
アイコン画像を指定しなかった場合は、標準のウィンドウスキンからカーソル画像が生成されます。(画像なしでも一応使えはします)

【RPGツクールMZ・MV】文字縁取り自動切り替えプラグイン

2021年7月26日 プラグイン

LL_OutlineColorAuto.js

文字の縁取り色を自動で判定して切替します。
白に近い色の時は黒、黒に近い色の時は白で表示します。

更新履歴

2021/8/1
MZ版のみ。ゲージ部分と戦闘時のアクター名部分にも判定が適用されるよう調整しました。 (v1.0.2)
2021/7/30
しきい値が100に設定されている時に、全ての縁取りが白色になるよう判定値を調整しました。 (v1.0.1)
2021/7/30
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

プラグインを導入するだけでOKです。
文字色の明るさを判定して自動で縁取り色が切り替わります。

【RPGツクールMZ・MV】アクター選択プラグイン

2020年10月18日 プラグイン

LL_ActorChoices.js

アクターを選択するプラグインコマンドを実装します。

更新履歴

2021/2/17
MV版のみアクター絞り込みリストの仕様を一部見直しました。 (v1.1.0)
2021/2/14
RPGツクールMVに対応しました。 (v1.0.0)
2020/10/18
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

基本的にはプラグインコマンド「アクター選択の処理」を実行するだけで選択肢が表示されます。
プラグインコマンド内で選択結果を受け取りたい変数IDなど適宜設定してください。

1. アクター選択の種類

下記から選択可能です。
現在のパーティメンバー
戦闘不能のパーティメンバー
生存しているパーティメンバー
先頭を除くパーティメンバー
パーティ未参加メンバー
全てのメンバー

2. メッセージウィンドウと同時に表示する (MZ版のみ)


メッセージウィンドウと同時に表示することも可能です。
名前欄、顔グラフィックなどもあわせて設定可能です。
また「立ち絵自動表示プラグイン」が導入されている場合は、制御文字で立ち絵を表示することもできます。

【RPGツクールMZ・RPGツクールMV】カスタムフェードプラグイン

2020年9月16日 プラグイン

LL_CustomFade.js

切り替え時間を指定できるフェードアウト・フェードイン機能を実装します。

更新履歴

2020/11/26
並列処理でもウェイトが効くよう調整しました。 (v1.0.1)
2020/8/24
プラグインを公開しました。 (v1.0.0)

使い方

1. フェードアウト・フェードインを実行する


プラグインコマンドでフェードアウト・フェードインを実行します。
基本的な使い方は、通常のフェードアウト・フェードインと同じです。

【RPGツクールMZ・RPGツクールMV】エンカウント歩数調整プラグイン

2020年9月16日 プラグイン

LL_EncounterAdjust.js

エンカウント発生歩数を調整します。

更新履歴

2020/9/5
PluginCommonBaseが有効化されていない場合、エラーが発生してしまう不具合を修正しました。
2020/9/1
プラグインを公開しました。

使い方

1. 分散率を設定する


プラグイン設定画面を開き、プラグインパラメータから「分散率」を設定します。

標準のエンカウント発生歩数算出式は下記の通りです。 (例:30歩で設定した場合)
(0~29の乱数) + (0~29の乱数) + 1 = エンカウント発生歩数

上記の計算式では、理論上1歩からエンカウントが発生します。
戦闘が終わった後、数歩歩いただけでまた戦闘というのはプレイヤーにとってかなりのストレスになります。

プラグインを適用すると、下記の計算式に置き換わります。 (例:30歩、分散率50%)
(15~45の乱数) = エンカウント発生歩数

© 2022 ルルの教会